1634の平穏無事の日々が…。

1634の平穏無事の日々が…。

9年前の今日、3.11と言えば忘れもしないあの悲惨な東日本大震災の日だ。

この大震災でお亡くなりになった方々の、ご冥福をお祈り致します。

当時俺は府中市内に住んでおり、町の工場(骨箱作り)で働いていた。

単調だが平穏無事な生活を送っていた。

ところが突然思いもよらぬ大惨事。

それが今に語り継がれる3.11 2 時46 分の出来事だった。

正直生きた心地はしなかった。

もう二度とこの様な体験は御免だ。

あれから9年たった今でも復興工事が続いている。

早期復興を祈るばかりです。

しかしこの世の中何が起こるか分かりますん、今度は新型コロナウイルスと言う疫病で大惨事が起こっている。

大変な事態です。

恐ろしい世の中になったものです。

個々が自己管理をする以外どうすることも出来ません。

皆さんどうかお身体大切になさって下さい。

こんな時は癒しの歌を聴いて元気をだして下さい。

                    ひろし

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です